フリーランスの年末調整ってどうすればいいの? フリーランスと年末調整

会社に勤めていると、毎年年末には「年末調整」なるものがありますよね。
会社の経理担当の方から、年末調整に関する書類を渡されて、いくつか記入したりチェックしたりして、保険会社の証明書なんかを一緒に渡す、というアレです。

では、フリーランスとして収入がある場合にはどうすればよいのでしょうか。

そもそも年末調整とは

今回は、そんなお話をしていきます。

目次

そもそも年末調整って?

年末調整とは

まずは「年末調整」とは何なのかを説明しましょう。

年末調整とは、給与を支払っている人が給与をもらっている人(給与所得者の1年間の所得税(+復興特別所得税)の計算をすることです。

「え? 毎月所得税引かれてると思うんだけど??」
と思うかもしれませんが、あれはあくまで概算
細かい部分を省略しているので、1年間分をまとめて計算し、過不足を精算します、というのが年末調整なんです。

年末調整の流れ

では、年末調整はどのようなことをしているのでしょう。

年末調整の流れは、以下のようになっています。

  1. 給与と徴収税額の合計を計算する
  2. 控除を含めて課税対象所得を計算する
  3. 所得税額を計算する
  4. 過不足分を還付・徴収する

本当はもう少しだけ細かいですが、大雑把にはこんな感じです。

所得税というのは、その名のとおり「所得」にかかる税金なのですが、所得と収入は異なります。

所得の計算の際には、収入から法で定められた金額を「控除」することができて、残った所得にだけ所得税を課すことになっています。

「控除」というのは、収入から差し引いていいよ、という金額のことで、

  • 所得が2,500万円以下の人が引いてもらえる基礎控除
  • 配偶者を扶養している時に引いてもらえる配偶者控除や配偶者特別控除
  • 公的年金や健康保険などを引いてもらえる社会保険料控除
  • 生命保険や地震保険といった各種保険料を引いてもらえる生命保険料控除、地震保険料控除
  • 住宅ローン控除

などがあります。

これらを控除して出した所得に応じて所得税を計算して、すでに徴収している税額で足りなければ徴収を、多ければ還付をするわけです。

年末調整ではできないこと

日本人の納税者の多くは給与所得者なので、ほとんどの人がこの年末調整だけで済むのですが、年末調整では所得税の計算を終えられない人がいます。

たとえば、

  • 医療費がたくさんかかったので医療費控除を受けたい
  • 給与以外の所得がある
  • 複数の事業所からの給与所得がある

などの場合です。

フリーランサーは年末調整だけではダメ

フリーランスの所得は給与所得ではない

ここで大事なのは2番目「給与所得以外の所得がある」人は年末調整では対応できないということです。

アルバイトやパートの場合は給与所得ですが、フリーランスの所得は給与所得ではありません。
事業所得、あるいは雑所得にあたります。
報酬であって、給与ではないんです。

そのため、フリーランスには確定申告が必要になります。
(今回は年末調整のお話なので確定申告の詳細は省きます)

副業やダブルワークなら年末調整もしてもらう

では、副業フリーランサーや、ダブルワーカーの場合はどうすれば良いでしょうか。

フリーランスとしての報酬と給与所得の両方があるのであれば「とりあえず給与をもらっているところで年末調整をしてもらう」のが良いです。
別にフリーランスとしての収入があることを告げる必要はありません。
経理担当の方に言われたとおりに書類を提出して、年末調整をしてもらっておきます。

そうすると、「源泉徴収票」というものをもらうことができます。
ダブルワークで給与が2ヶ所から発生しているのなら、2ヶ所分別々にもらえるので両方ともしっかりもらってください。

源泉徴収票を使って確定申告する

その後年明けに、確定申告をします。

源泉徴収票分は給与所得として、フリーランスとしての報酬は事業所得か雑所得として、確定申告をするんです。
そうすることで、給与所得もフリーランスの所得もあわせた所得税額を計算しなおすことができるわけです。

副業フリーランスで気をつけたい年末調整と確定申告

手続きとしては、そんなに難しくはありません。
ただ、ちょっとした落とし穴があるので付記しておきますね。

「副業禁止」なのに副業がバレる

会社には就労規則がありますよね。

古いままの就労規則の場合は、十中八九「副業禁止」の項目があります。
正社員は副業をしちゃダメっていう規則です。

「知ってるけど、在宅のフリーランスなら言わなきゃわかんないでしょ?」

いやいや、甘いです!
これね、経理は意外と気付きます

なぜかというと、月々天引きされる住民税が増えるから。

住民税って前年の所得で決まるんです。
会社は前年の給与所得を知っているわけで、当然そこから住民税がいくらになるかもわかります。
が、別収入があって、所得が会社が把握している額と違うと、住民税の額が違ってくるので「あれ?」となるわけです。

まあ、一時所得のある人もいるし、FXなどの投資は副業にあたらないので、経理がわざわざ「なんで?」と言いに来ることは稀だと思いますが、バレる可能性は十分にあるということです。

あ、公務員はたぶんつっこまれますよ?
私は公立学校で講師をしていたことがありますが、公立学校の事務はそんな甘くないです。
先日警察官が公休日にデリヘルやってたなんてニュースも見ましたが、業種によっては大火傷しちゃいますから注意が必要です。

「普通徴収」を選択する手もある

案外知られていないのですが、住民税を会社の給与から天引きしない「普通徴収」という方法を選択することができます。

確定申告に選択できる項目があって、普通徴収を選択しておくと副業分の住民税は会社に通知されないことになります。

勉強がてら確定申告の特設会場で派遣のお仕事をさせてもらったことがありますが、そこそこいらっしゃいますね。
内心「あー、会社に内緒の副業だー」と思いながらお仕事してました。

確定申告をしないのはまずい

副業がバレると困るからといって、確定申告をしないというのは最悪の悪手です。

少額で法に触れないならば別ですが、そうでないならこれは「脱税」!

税務署からつっこまれると、さかのぼって払うべきだった税金を請求されるだけでなく、脱税分の追徴課税や加算税を請求されることになります。
追徴課税って、悪質だと最大40%にもなるんだそうです。
副業フリーランスでそこまでいくことはあまりないと思うのですが、そんな変な計算をするよりもきっちり確定申告をすることを考えてくださいね。

その他Q&A

確定申告が必要な場合、年末調整のときに保険の控除証明書はどうすればいいの?

フリーランスの収入もあるなら、確定申告が必要ですね。

その場合でも、会社の年末調整時に生命保険料控除のために必要な「控除証明書」を提出してかまいません。

もっといえば、どっちでもいいんです。
年末調整で提出しておけば源泉徴収票に控除の記載があるのでそのまま確定申告書に転記すればいいし、会社には出してないなら直接確定申告時に計上すれば済みます。

複数の事業所から給与を得た場合も同様で、確定申告を含めたどこか1ヶ所に含めれば大丈夫。

昔は「どうせ確定申告があるから」と年末調整には出していなかったのですが、年末調整に出してしまったほうが自分の手元で控除証明書を保管、あるいは確定申告書に貼り付けて提出する手間がなくなるので、年末調整で出せるものは出してしまえばいいかなと思います。

すごく少額なんだけど、年末調整だけじゃダメ?

国税庁によると、

給与の収入金額の合計額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下で、かつ、給与所得及び退職所得以外の所得金額との合計額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。

No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人|国税庁
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1900.htm

とあり、少額ならば確定申告をしなくても良いことになっています。

ただ、確定申告って、還付も追加納付も0円だったとしても「しちゃいけない」ということはないので、フリーランスとして今後もやっていこと思っているのであればとりあえずしておけばいいんじゃないかとは思います。

たいした作業ではないので、私は確定申告書作成フォームにとりあえず全部入力してみて、還付も納付も0円になるなら出さないでいいや、ということにしていましたね。
自動計算してくれるので、ああだこうだと考えているよりも楽です。

また、給与所得も少なくて源泉徴収票に記載されている所得税が0円になっているような人は、申告すると少し戻ってくる可能性もあります。
たとばフリーランスの収入が5万円だったとしても、約5千円の源泉徴収がありますから、その5千円が返ってくるかもしれないわけです。

そういった意味でも、フリーランサーは少額でも確定申告書は作ってみるべきだと思っています。

赤字だったから年末調整だけでいいよね!

いやいや、フリーランスの方で赤字になったのなら確定申告もしておきましょう。

というのも、事業所得の場合には赤字を給与所得から引けるんです。

広告収入なんかだと雑所得としか扱えないのでダメですが、フリーランスは事業所得とすることができるので、赤字なら他の所得から損失分を引けます。

たとえば私はライターなので、パソコンは経費とすることができますよね。
こういった経費がかさむ年ってあるんですよ。
パソコン買って、ミラーレス一眼カメラを買って、研修費がかかって、みたいな。
そうでなくても少額の副業ライターさんなら、10万円のパソコンを1台買えばもう赤字かもしれません。

そういう時にも、年末調整だけで済ませず、確定申告を行うことでいくらか所得税が戻ってくるケースがあります。

専業フリーランスの場合も、赤字で申告しておくと「損失申告」といって翌年以降、繰り越せる制度があります。
年末調整の話ではないので詳細は省きますが、条件を満たせば最長3年間繰り越すことができるので、頭の片隅に置いておきましょう。

給与所得があるのなら、会社等で年末調整をしてもらえます。年末調整は給与所得のみなので、フリーランスとして働くのならあわせて確定申告をしましょう。年末調整してもらうと、確定申告に必要な源泉徴収票がもらえます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる