フリーランス経理として独立する方法・メリットをご紹介!

インターネットの普及により、様々な仕事がオンラインでジョブ型形式で受注できる時代になりました。

昨今では経理業務をアウトソーシングする企業も増えており、今後フリーランス経理の需要は増えていくと考えられています。

このような時代の変化を受けて、企業に属して働くのではなく、フリーランスとして独立しようと考える方も多いのではないでしょうか?

この記事では、現在企業で経理業務を担当している方に向けて、フリーランス経理として独立する方法と、メリットやデメリット、実際にお仕事をどのように受注すればよいのかをご紹介します。

目次

フリーランス経理の需要は今後増える

経理とは、会社のお金の流れを把握し管理する、会社の左右する重要な仕事です。そのため、どの会社にも必ず必要とされる役職です。

しかし、昨今の情勢の影響で、安定した労働環境の確保が難しくなっており、経理の人材を一から育てるのが難しくなってしまっています。そのため、フリーランスに外注する企業が増えています。

フリーランスの経理に求められる仕事は、お金の流れの把握・管理だけでなく、経理実務のサポートも含まれます。スタートアップ企業から相談を受ける等、ただ経理業務をこなすだけではなく、経理のスペシャリストとしての実力が求められます。

フリーランスの業務の中でも、経理は重要なポジションなので、頑張れば高給を狙える業務でもあります。

フリーランス経理は、今後も需要が高まっていく、やりがいのある仕事といえるでしょう。

フリーランス経理として独立する方法

フリーランスの経理として仕事をしていくには、「経理のスキル」があることを証明できる必要があります。

例えば、過去に経理として働いていた経験を活かすのが無難です。

現在経理として会社で働いている方はその経験を活かすことができますが、現在経理ではない仕事をしている方は、副業として経理の仕事をコツコツ受注し、経験を積んでからフリーランスとして独立するのがおすすめです。

フリーランスとして独立するためには、自分自身を売り込む「営業力」が必要になります。過去に自分がやってきた仕事や、自分がもっているスキルをクライアントに売り込み、自分で仕事を獲得していかなければいけません。

自由に働けるというイメージがあるフリーランスですが、なにもサポートのないところから自分で仕事をとってこなければいけませんから、コツコツと作業を積み上げて成果を出すことのできる人でないと、独立しても苦労してしまうかもしれません。

まずは、自分を売り込むためのポートフォリオや職務経歴書を作成し、自分のスキルを把握するところから始めましょう。

フリーランス経理の仕事の実例

フリーランス経理として独立したあと、どのように仕事をするのか、事前にイメージを持ちたいですよね。

そんな方には、実際にお仕事のマッチングの案件を確認してイメージをふくらませることをおすすめします。仕事をしている姿のイメージをもつことでモチベーションもアップするでしょう。

実際の案件が掲載されているマッチングサイトをいくつかご紹介します。

Workship

Workship公式サイト

気になるプロジェクトに直接アプローチしたり、企業からオファーをもらったり、効果的に自分のスキルを企業にアプローチできるのが特徴のマッチングサイトです。

CrowdWorks

CrowdWorks公式サイト

短期間の仕事から長期間の仕事まで、幅広く求人がでているマッチングサイトです。

マッチングサイトの中で特に登録者が多く、その分お仕事案件も多いです。

Lancers

Lancers公式サイト

日本最大級のクラウドソーシング仕事依頼サイトです。

仕事数がNo.1で、働き方を自由に選ぶことができ、幅広いジャンルの仕事を探すことができるのが特徴です。

Waris

Waris公式サイト

経営企画、マーケティング、広報、人事、経理・財務などの事務系総合職の経験を活かすことができる仕事の多いマッチングサイトです。

ちなみに、私はCrowdWorksに登録してお仕事をもらっています。会員登録だけしておいて、時々案件を確認するだけでも、フリーランスとして独立した後のイメージを持てるので、おすすめです。

フリーランス経理のメリット

フリーランス経理として働くメリットは以下のとおりです。

  • 働く場所や時間にとらわれない
  • ライフワークバランスを調整しやすい
  • 複数の会社の案件を掛け持ちすることができる

働く場所や時間にとらわれない

フリーランスとして働く一番のメリットと言えるでしょう。

1日のスケジュールを自分で決めることができるため、リラックスした環境で働くことや、1日の仕事量を調整することができます。

ライフワークバランスを調整しやすい

ライフワークバランスとは、仕事とそれ以外の時間の割合のことです。

ライフワークバランスを考えることで、仕事以外の家事などのタスクなどをこなしたり、新しいことに挑戦しやすい環境を整えることができます。

複数の会社の案件を掛け持ちすることができる

経理の仕事は繁忙期がわかりやすいため、うまく調整すれば複数の企業の案件を同時に受注することができ、収入アップに繋がります。

フリーランス経理のデメリット

フリーランス経理のデメリットは以下のとおりです。

  • 収入が安定しない
  • 社会的信用を示すことが難しい
  • 一人で作業をし続けることになる

収入が安定しない

フリーランスとしてのデメリット、月ごとに収入に差が出てしまうことです。

誰かが仕事を定期的にふってくれるわけではなく、自分で仕事をとってこなければいけないため、この問題はつきものです。

社会的信用を示すことが難しい

仮に収入がサラリーマン時代より増えていたとしても、信用を示すことが難しいフリーランスの場合、ローンやクレジットカードの審査に通らないケースがあります。

一人で作業をし続けることになる

この問題は、その人の気質によってメリットにもなり得ますが、一人で作業をし続けるのが苦痛な方にとっては相当なストレスになってしまいます。

自分が働く環境についても事前に考慮しておくことが必要です。

やり方次第で飛躍できるフリーランス経理

フリーランスの仕事の中で、今後需要が高まっていくことが見込まれている経理業務。

まずは少ない稼働時間で達成できるタスクからこまめに受注していき、独立を見据えて働くのはいかがでしょうか?

自由な労働環境で、ライフワークバランスを調整しながら、さらなるステップアップを見込めるフリーランス経理は、現代の労働状況を鑑みるととてもおすすめです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる