フリーランスに必要なスキルについて全職種共通と仕事別に解説!

フリーランスってどんな仕事があるの?
フリーランスになるためにはどんなスキルを身につけたらいいの?
フリーランスって将来はどうなっていくの?

そう悩んでいるあなたのために、フリーランスに必要なスキルについて全職種共通・職業別に分けて解説します。あなたがより魅力を感じて取り組みたいスキルを見つけましょう。

また、フリーランスの将来について漠然とした不安があることも、始める勇気が出せない原因ではないでしょうか。なので、フリーランスの未来を明るくするためにはどうしたらいいのかについて解説します。

目次

全職種に共通のスキル

出典:オーダン

フリーランスをするうえで全職種に共通するとても大事なスキルがあります。それはどんなスキルなのでしょうか。

引き受ける仕事の取捨選択能力

仕事をこなしていると、実績が増えていきますよね。その実績を見たクライアントがあなたに好待遇の案件相談をくれることがあります。好待遇だからとすぐに飛びついてしまわないで、吟味して引き受ける仕事の取捨選択をできるようにしましょう。引き受けすぎてキャパオーバーになり、業務の遂行ができなくなってしまうと信用をなくしますよ

クライアントへの提案力

フリーランスになりたてはとくに、応募してもなかなか採用になりません。そんな人に求められているのは、自分の強みや熱意、経験をしっかりと売り込める提案力です。

ちなみにWebライターをしている筆者でいうと、仕事を始めた当時「恋愛」「婚活」が強みでした。

スケジュール管理能力

フリーランスの中には、仕事を継続してもらえなくなるリスクを分散するために数社と契約している人もいます。納期もバラバラなのでスケジュール管理能力が必要になります。どんな順番でタスクをこなしたらクライアントに迷惑をかけずにスムーズにいくのかを考え、日々仕事をこなしていくのです。

方向性の軸をもつ

フリーランスはどんな仕事を選んでも自由です。だからつい、魅力的な仕事募集に目移りしていろんな仕事を選んでしまい、方向性を見失うことがあります。なので、「自分がしたい仕事はこんな仕事だからそれ以外は受けない!」と方向性を確率しておくといいでしょう。

筆者もフリーランスを始めてタイピングスピードが速くなってきたころに方向性を一度見失いました。専門分野ではないところに手を出し、納品まで時間がかかりすぎて後悔。方向性の軸を改めて真剣に考えました。

常にスキルを磨こうとする努力

フリーランスとして働く仕事が決まったら、その仕事に関する本を読み漁るなどして常にスキルを磨く必要があります。例えばWebライターをしている人は、WebライティングやSEO、インタビュー、写真、イラスト、シナリオライター、校正・編集などのスキルを有していると仕事に困りません。

できるスキルが多いと、その分野の人を雇う必要がなく1人でこなせるので、もらえる報酬も多くなりますよね。クライアントにも重宝されます。これはWebライターに限らず、WebデザイナーやWebエンジニアにもいえることです。ただし、努力を怠るといつまでも成長できません。

確定申告や請求書などが作成できる

確定申告や請求書作成など、事務処理ってどうして面倒なのでしょうか。やはりそこに報酬が発生しないからなのでは?!とはいえどちらも大事な作業なので、しっかり取り組まなければなりません。会社員からフリーランスになった人は、今までは会社がやってくれていたからラクでしたよね。これからは確定申告や請求書を自分で作成しなければなりません。

大丈夫です!確定申告も毎年していたら慣れるし、請求書も数こなしていたら分かってきます。

人とのつながりを大事にできる

フリーランスは1人で仕事をすることが多く、孤独に感じることが多い上に得れる知識も限界があります。なので情報交換ができる場に積極的に参加している人もいるでしょう。そこでできた人脈を大事にしているのです。

また、一緒に仕事をしたクライアントとの関係も良好に保ち、縁を大事にすることで、新メディアを立ち上げた際などに「一緒に働いてもらえませんか?」と声をかけてくれることがあります。

仕事別スキル

出典:オーダン

ここからは仕事別のスキルを見ていきます。どんなスキルがあるのでしょうか。

Webエンジニア

Webエンジニアの仕事は主にシステム構築やWebサイト制作です。クライアントから受け取った仕様書やヒアリングに従って行います。Webサイトが公開した後のメンテナンス、SEOマーケティングをすることもあるでしょう。

必要なスキルは、PHPやLinux、Webページを作成するのに必要なHTML、CSSなど

Webサイト制作の仕事には異なる2つの仕事、「フロントエンドエンジニア」と「バックエンドエンジニア(サーバーサイドエンジニア)」があるそうです。

参照:Webエンジニアとは?Webエンジニアの仕事内容と年収

ちなみに、参照記事によるとWebエンジニアの年収は平均430万円だそうです。

また、「PHP5技術者認定試験」や「Linux技術者認定試験」といった資格を取ることで、紹介してきたスキルがあることを示せます。

Webデザイナー

Webデザイナーの主な仕事は依頼を受けたWebサイトのデザインをすること。具体的にはサイトの構成とレイアウトを決めたのち、「Illustrator」などのソフトを用いてクライアントとすり合わせをしながら、作成していきます。そのデザインをもとにHTMLやCSSの仕様に従いコーディングしていくのです。

なので、Photoshop、Illustrator、HTML、CSSなどのスキルが必要でしょう。

Webデザイナーの平均年収は300万~400万ぐらいなのだそうです。

イラストレーター

イラストレーターの仕事はクライアントから依頼され、制作して納品します。雑誌の表紙や商品パッケージ、Webサイトのイラスト制作などなど、イラストレータの仕事内容も多岐にわたります。最近では、イラスト作成ソフトを利用してパソコンでイラストを描くことも増えてきているようです。

イラストレーターに求められるのは、オリジナリティ、画像編集ソフト、デッサン力などのスキルです。

ベストな配色を理論的に選択できるようになるために、「カラーコーディネーター検定試験」や「色彩検定資格」を取得しておくと仕事に役立ちそうです。

イラストレーターの平均年収は334万円なのだそうですよ。
※転職サイトDODA調べ(2016年)

Webライター

Webライターとは、今まさに書いているこのような記事を、パソコンを使って執筆する仕事です。例えば、ネット広告の文章や、コラム、YouTubeシナリオなどなど仕事内容は幅広いです。筆者は、ポエムの仕事をしたこともありますよ。

必要なスキルは、ワードプレス、ドキュメントなどの執筆媒体を使いこなせること、リサ―チ能力、SEOに関する知識、文章を分かりやすく書くスキルなどです。

Webライターの平均年収はクラウドワークス調べで300万円ほどだそうです。ただ平均的にみんなが300万円稼げているわけではなく、年収の幅が広いということです。

YouTuber

YouTuberとは、YouTubeに動画投稿をすることでお金を稼ぎ生計を立てている人のことです。真っ先に「ヒカキン」さんが浮かびます。よくYouTubeを見ていると広告が入りますよね。その広告でYouTuberは収益を得ているのです。

動画さえ撮れたらアップロードできるので、撮影媒体は自分が使っているiPhoneやAndroidスマホで問題ありません。ただ動画撮影に凝ってくると、もっとちゃんとした機材が欲しくなるでしょう。照明器具や三脚など安価なものでもいいので揃えると本格的な動画が作成できます。

また、必要なスキルとしては、編集スキルがあったほうがより動画が見やすくなります。動画内で必要のない部分をカットしたり、音やテキストを入れたりするのです。

YouTuberの平均年収は493万円ほどだそうです。
参照:求人ボックス給料ナビ

プロブロガー

ブロガーとはブログを書いている人のことを、そして自分で書いたブログで生計を立てている人のことを「プロブロガー」といいます。筆者の頭には「マナブ」さんが浮かびました。

ブログでただ記事を書いているだけでは収益につながりません。ブログを使って収益を発生させるには、ワードプレスを使ってブログを書き、以下の広告を設置します。クリックされたり購入されると収益が発生する仕組みです。

「Google AdSense」:クリックされることで収益が発生

「Amazonアソシエイト」:商品を紹介して売れたら、購入金額の数%がもらえる

「Amazonアソシエイト」以外にも「A8.net」「バリューコマース」などのさまざまなASPがあります。

また「有料note」で稼ぐ方法もありますよ。有益なブログを書き、販売することで収益化します。

仕事別スキルの掛け合わせが最強!

出典:オーダン

さまざまなスキルを高めておくと、スキルの掛け合わせができてクライアントから重宝されます。例えばブログは有益な記事を継続してたくさん書かないと収益に繋がっていきません。だから稼ぐために、Webライターとしても同時並行で執筆しているブロガーさんも多いのではないでしょうか。Webライターをしたいと思ったとき、ブログで書いた記事は参考記事としてクライアントに提示することができますしね。

また、スキルの紹介には載せませんでしたが、筆者の周りでWebライターをしながらカウンセラーの資格を取った女性がいます。心のケアや、Webライティングに関する悩み相談にあたっています。それに、Twitterで宣伝してYouTubeで詳しく解説するといった掛け合わせもよく見られます。とにかく掛け合わせられるスキルが多いほど、クライアントにとって特別な人材になれるということなので、貪欲にスキルを磨いていきましょう。

フリーランスはスキルがあると未来が明るい?

出典:オーダン

フリーランスはスキルを磨く努力を止めなければ、筆者は未来が明るいと思っています。初めはもらえる報酬が少ないかもしれませんが、スキルの掛け合わせで仕事の幅も広がるので、どんどん上がっていくでしょう。

会社で働いていると、将来的に業績悪化による倒産や給料カットもあり得ますよね。どれだけ会社の役に立つスキルを磨いていても、倒産したらその会社でのあなたの価値はなくなってしまう。その点フリーランスは自由に仕事を選べるし、継続の仕事がなくなった時に備えて数社と契約することでリスク分散することもできます。それに仮に仕事がなくなったとしてもまた提案すればいいし、いろんなスキルを備えていればきっとあなたを使いたいと思ってくれるクライアントは現れます。

フリーランスに必要なスキルを身につけて、買われる人材になろう!

出典:オーダン

フリーランスにはいろんな職業スキルが存在します。でもどのスキルも共通スキルをこなせないとクライアントからの信用を失い、稼ぐフリーランスにはなれないでしょう。

まずは関心のある職業スキルに真剣に向き合ってみてください。すると自分に必要なその他のスキルが見えてきます。それらスキルを数多く掛け合わせることで、あなたはクライアントにとってのどから手が出るほど欲しい人材になれるのです。自分から「買ってください!」と言うのではなくて「どうしても欲しいから買わせて!」と思われるような特別な人材になりましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる