フリーランスとして業務委託で働くメリットやデメリットを解説!

多様な働き方が浸透する中、従来の会社勤めとは異なる「業務委託」という働き方が注目されています。「自由に働けそう」といったイメージから、なんとなく業務委託という働き方に興味は持っているものの、「どんな働き方なのか、よくわからない…」と感じている方も多いのではないでしょうか。ここでは、「業務委託」という用語の解説から、他の働き方との違いやメリット・デメリット、注意すべきポイントに至るまで、業務委託を始める前に知っておくべき基礎知識を広くご紹介します。

昨今では、会社に雇われて、出社をして働くという従来のスタイル以外に、様々な働き方が増えてきています。そのような働き方の代表的なものは、「フリーランス」や「業務委託」です。

時間を固定されないので自由に働けそうなイメージがありますが、実際は自己管理を徹底しなければいけなかったり、守ってくれる会社という後ろ盾がなかったり、なかなか厳しい面もあります。

ですが、メリットとデメリットを把握していれば、ライフワークバランスを調整しながら様々なことを楽しめる自由な働き方ができます。

この記事では、「フリーランス」と「業務委託」とはどのような働き方なのかのイメージをつかみやすくするために、それぞれの解説をしていきます。

目次

「フリーランス」と「業務委託」の違い

「フリーランス」とは、企業に雇われて働くのではなく、依頼が来た仕事に応じて、受注するかどうかを自ら選択して契約する働き方のことです。基本的に個人での仕事が多いのが特徴です。

「業務委託」とは、外部の企業や個人に委託されている業務を、クライアントと対等な立場で依頼として受ける契約方法のことです。クライアントと立場が対等であるため、仕事の内容の範囲や報酬金額、稼働時間などを協議して決定することができます。

つまり、「フリーランス」とは、企業に雇われて仕事を貰うわけではなく、自分で仕事を取ってくる働き方をしている人物のことであり、「業務委託」とは、仕事の契約のことです。

業務委託には二種類ある

業務委託契約には「請負契約」と「委託契約」の二種類の契約形態があります。

「請負契約」とは、成果物を納品することで報酬を得る契約形態のことです。例えば、Webライターのように記事を執筆して納品したり、デザイナーのようにデザインを作成して納品する契約はこれにあてはまります。

一方、「委託契約」とは、サービスの提供や業務を行うことで報酬を得る契約形態です。フリーランスの経理、フリーランスコンサルタントなどはこれにあてはまります。

業務委託で働くメリット

会社に雇用されるサラリーマンではなく、フリーランスとして、業務委託契約で仕事を貰う働き方には、どんな利点があるでしょうか?

具体的な例をいくつかご紹介します。

自分の得意な仕事を選んで受注できる

いわゆる「ジョブ型」の働き方は、専門分野に特化することができるため、自分のスキルを存分に発揮することができます。

苦手分野を無理してやらなくても良いので、ストレスも少ないです。

スキルや成果によっては高収入を得ることができる

自分のスキルを存分に発揮することができるため、良い成果を残しやすくなり、高収入に繋がりやすくなります。

契約締結の際に自分で報酬額を決められるのも、業務委託のメリットです。

また、サラリーマンとは違い、仕事を自分で獲得しているため、他の人に報酬の一部を持っていかれる心配がありません。

自分の裁量で働くことができる

納期さえ守れば、いつ仕事をしてもよいため、ライフワークバランスを調整しやすいのもひとつのも特徴です。

スケジュールを自分で決められるので、他のタスクと調整できます。

また、複数のクライアントから仕事を受注した場合、自在に組み合わせることで高収入を狙うこともできます。

業務委託のデメリット

もちろん、業務委託契約で仕事をするのはメリットばかりではありません。

具体的なデメリットもあわせてご紹介いたします。

自己管理を徹底しなければならない

自分で仕事をとってきて、納期までにこなすために、自己管理を徹底しなければいけません。体調を崩してしまったとしても、代わりにやってくれる人がいないからです。

また、スケジュール管理も自分で行う必要があります。時間を守るという意識はとても大切です。

一人で延々と作業をするのが苦手な方は、ストレスを感じてしまうかもしれません。

収入が安定しない

常に仕事をもらえるサラリーマンとは違い、自分で仕事をとってこなければいけないため、収入が安定しません。

また、報酬の金額交渉も自分で行うため、クライアントによってお給料が変わってしまうのも要因の一つです。

確定申告を自分でしなければいけない

サラリーマンの場合、会社が源泉徴収など税金の管理をしてくれますが、フリーランスの場合は自分で仕事をとってきて報酬を得るため、税金を自分で納めなければいけません。

確定申告や経費管理は結構大変ですので、こまめに管理ができる人でないと、うっかり税金を納め忘れた、なんてことになりかねません。

労働法が適応されない

企業に雇用されている場合、労働法の規定、つまり割増賃金や法定休日などが適応されますが、フリーランスの場合は適応されません。

お休みを作れるように自分でスケジュールを調整しなければいけないため、仕事量の調整や所要時間の計算が大切になります。

業務委託で働くためには

フリーランスとして、クライアントから業務委託契約でお仕事をもらう働き方のメリットとデメリットを確認してきました。

では、実際に業務委託の仕事をもらうためには、どうすればよいのでしょうか?

まず必要になるのは、「仕事を貰う場所」を確保することです。知人から直接お仕事をもらうケースもありますが、多くのフリーランスはインターネット上で仕事の受注のやり取り行っています。

業務委託契約の求人が多く掲載されるプラットフォームをいくつかご紹介します。

Workship

Workship公式サイト

気になるプロジェクトに直接アプローチしたり、企業からオファーをもらったり、効果的に自分のスキルを企業にアプローチできるのが特徴のマッチングサイトです。

CrowdWorks

CrowdWorks公式サイト

短期間の仕事から長期間の仕事まで、幅広く求人がでているマッチングサイトです。

マッチングサイトの中で特に登録者が多く、その分お仕事案件も多いです。

Lancers

Lancers公式サイト

日本最大級のクラウドソーシング仕事依頼サイトです。

仕事数がNo.1で、幅広いジャンルの仕事を探すことができるのが特徴です。

自分の得意分野でスキルを発揮しよう

自分で営業活動を行い、仕事をとってくるのはとても大変ですが、自分にとってやりがいのある仕事を選んで受注できるとも考えられます。

自分の特技を活かしたい方、自由にライフワークバランスを調整したい方は、フリーランスとして業務委託で働くのに向いているといえます。

人生のうち1/3は仕事をする時間に充てられる、と言われています。得意分野で自分のスキルを発揮しながら働きましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる