フリーランスだと賃貸契約はむずかしい? 住みたい家に住むためのポイントはこれだ!

フリーランス生活で特にネックになるのがローンやクレジットカード、そして今回のテーマ「賃貸契約」です。
きっと不安に感じている人も多いですよね。

確かに会社員とは違い、むずかしい部分はあります。
ですが、フリーランスだからといって住みたい家に住めないわけではありません。
今回は、フリーランスの賃貸契約についてお話してみます。

目次

フリーランスの賃貸契約はなぜむずかしい?

これを読んでいる人の中には、フリーランスだからという理由で不動産屋さんで嫌な顔をされた経験のある人もいるかもしれませんね。
ではなぜフリーランスでは賃貸契約に難色を示されることがあるのでしょうか。

収入が安定しない

まずは収入です。
「パートや派遣社員には貸してくれるのに?」と思うかもしれませんが、賃貸契約で重要視されるのは、収入の額ではなくて安定性
フリーランスはプロジェクトごとの契約になる場合も多いので、どうしても収入が一定になりません。
物件は「毎月きっちり払ってくれる人」に貸したいので、高額収入がある必要はなく、安定した収入が求められているわけです。

古いイメージが先行している場合も

大家さん物件では、大家さんのフリーランスに対するイメージが悪い場合もあります。

フリーランスは、まだ法的にも定義が曖昧なくらい歴史の浅い働き方です。
この数年でずいぶん増え、社会的にも認知してもらえるようになってきましたが、私がフリーランスになった頃は社会不適合者の代名詞のように取られることも少なくありませんでした。
新しいものが万人に受け入れてもらうのには、相当の時間がかかるものですから、仕方のないところかなとは思っています。

フリーランスの賃貸審査を簡単に突破する方法

でも大丈夫。
ポイントを押さえれば、フリーランスでも簡単に賃貸契約ができるようになります。

十分な収入があることを証明する

まずはきちんと収入があることを証明しましょう。
会社員の場合には源泉徴収票がもらえますが、フリーランスなら確定申告の控えがこれに代えられます。

フリーランスになってからの期間が短かったり、年収があまり高くないのであれば、帳簿もあるといいですね。
きちんと複式帳簿をつけてあって、毎月ある程度の収入があることが確認できれば、より信用度が増します。

  • 本契約時には、
  • 住民税課税証明書
  • 所得税納税証明書
  • 銀行通帳の写し

などの提示を求められることもあります。

保証人不要の不動産会社で探す

「保証人不要」と謳っている不動産会社を見たことはありませんか?
これは最近増えている制度で、家賃といっしょに保証料を徴収することで、なにかあった場合には保証人でなく保証料(を納めている保証会社)が家賃等を負担するというものです。つまりは保険ですね。

家賃に保証料を上乗せして払うので、月々の支出は少し高くなりますが、貸す側のリスクが減るのでぐっと借りやすくなります。
私も利用したことがありますが、月々の負担はそんなに高くないし、知人や親戚に保証人をお願いしなくて済むので気分的にも楽でした。

収入に見合った物件を選ぶ

一般に住居費は「収入の30%まで」といわれています。
フリーランスの場合はアップダウンも大きいので、少ない月の収入を基準に考えるか、「収入の25%」を基準にするのが無難です。

ここで注意したいのが、年収では計算しないということ。
私はライターですが、それでも意外と経費がかかっています。
業種によってはもっと経費がかかっている場合もありますよね。
ここは帳簿をきちんとつけていればすぐにわかるはずです。
経費等を引いた所得で計算するようにしましょう。

これだけで、フリーランスでもわりと簡単に賃貸物件の審査を通過することができるようになります。
10年前ならいざしらず、令和の今なら十分借りられますよ。

賃貸契約に必要なもの

本契約時には、いろいろ必要なものがあります。
あらかじめ用意できるようにしておきましょう。

  • 印鑑(あわせて印鑑証明が必要になる場合もあり)
  • 住民票(現住所のもの)
  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 家賃(初月分を敷金礼金と一緒に払う場合が多い)
  • 保証料(損害保険料)

保証人契約の場合には、保証人の同意書も必要になります。
物件によっても、仲介の不動産会社によっても、必要なものは異なりますから、よく確認しましょう。

こんな人は要注意! 審査に通らない意外な原因

賃貸契約には必ず入居審査があります。
不動産会社も、物件の大家さんや管理会社もOKだったのに、なぜか審査に通らない……というケースがあります。

もし審査に通らない、あるいは不安がある場合には、以下もチェックしてみてください。

クレジットカードやローンの返済が滞っている

関係ないと思っている人も多いのですが、クレジットカードや各種ローンの支払い状況は審査に大きな影響を与えます。
審査の時には信用機関に照会することができるのですが、そこにはクレジットカードの滞納履歴だったり、借入状況だったりも記載されています。

過去1年間に滞納履歴があれば、審査突破はむずかしいです。
また、クレジットカードなどを新規で申し込んで否決されている場合にも記録が残っています。

クレジットカードやローンだけでなく、税金や年金など行政へ納めるべきものを滞納しているのは論外です。
払うべきものはきっちり払っておきましょう。

逆説的ですが、クレジットカードの利用歴がまったくないという人の審査が厳しくなるケースが稀にあります。
これは、支払い能力を見る材料が足りないことに加え、キャッシュレス時代にまったくクレジットカードを使わないということに対して、何か「クレジットカードを使えない理由」があるのではないかと思われることがあるからです。
入居審査では概ね大丈夫ですが、クレジットカードが作りにくい人には「履歴が真っ白」というケースがあるので、ベストなのは「定期的に使ってきっちり払っている」場合です。
余談ですけどね。

事務所として使ってほしくない

フリーランスの場合、自宅兼事務所として使う場合が多いですよね。
私も自宅は住居であり事務所でもあります。
ただ、これをよく思わない人も意外と多いんです。

これは、家で仕事をすることに対することに対する不安ではなく、家に多くの人が出入りすることへの不安です。
人が多く出入りすると、近隣の住民から苦情が出る可能性もありますし、フリーランスを隠れ蓑にして実は契約者以外の人が住んでいたり、何か法に触れるような悪巧みが行われているかもしれないと勘ぐられることもあるからです。

もしも事務所としても使いたいのであれば、相談の段階からきちんと説明しておくべきです。
私の場合はライターの仕事の関係者が家に訪れることはまずありませんが、「家で仕事はするけれど仕事の来客はまずない」という旨を伝えておきます。明言しておかないと先方にはわかりませんからね。
もしも来客が多く見込まれるのであれば、正直に伝えておきましょう。

どうしてもむずかしい場合には、事務所と自宅を分けて借りるという手もありますし、「事務所可」となっている物件を紹介してもらえる場合もあります。
とにかく最初からきちんと伝えておくということが重要です。

転職後の期間が短い

フリーランスに限らず、転職後あまり年月が経過していない場合、審査は厳しくなる傾向にあります。

特にフリーランスの場合には、ただでさえ先の見通しがむずかしいので、審査は厳しくなります。
できればフリーランスとして3年くらいは経過していて、直近1年は安定した十分な収入が証明できるといいです。

ですから、今からフリーランスにと考えているのであれば、フリーランスになる前にお引っ越ししてしまった方が簡単です。
とはいえ、先方は「会社員として今後も収入が見込まれる」と思って貸してくれるわけなので、騙して関係者に不利益を与えるようなことは絶対ダメです。

事務所としても使う予定ならやはりその旨は伝えておかなければトラブルの元になりますし、事業がうまくいかずに家賃を滞納してしまうようなことがあっても困ります。
今後転職の可能性があり、その場合でも支払い能力が十分に見込めることをきちんと説明するように努めましょう。

知っておくと便利! フリーランス専門の不動産

近年はフリーランスの人がずいぶん増えてきました。
おかげでお仕事も激戦になりがちではあるのですが、同時にフリーランス向けのサービスも増えています。

不動産も例外ではなく、フリーランスの方を専門に扱う不動産会社が出てきました。

フリーランス不動産
https://www.sohorent.space/

まだ全国どこでもとはいきませんが、今後はこういったサービスも増えていくでしょう。
理解してくれている企業に助けてもらうというのは、もっともストレスなく問題を解決できる道です。

私がフリーライターとして活動をはじめた頃と比べて、フリーランスでも転居が簡単になりました。

  • きちんと払える見込みがあること
  • 近隣その他に迷惑をかけないこと
  • 万が一の際の保証があること

を準備して説明するよう努めましょう。

いい仕事場はいいお仕事も運んでくれますよ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる