フリーランスの健康診断は重要!制度を活用してお得に受ける方法

忙しいことを理由に、ついつい後回しにしてしまいがちな健康診断。しかし、フリーランスにとって健康管理はとても大事です。

企業に勤めているサラリーマンは、万が一病気を患って働けなくなったとしても、他の社員がカバーしてくれるので、保障を受けながら療養して生活を維持できますが、フリーランスはそうはいきません。

長期入院が必要な病気が見つかってしまった場合、長期間働けなくなるので、生活していくことができなくなってしまいます。他に仕事をカバーしてくれる人もいないので、体調が崩れた場合に大打撃をくらいます。

フリーランスとして働くのであれば、健康管理をしっかり行わなければなりません。

自分の健康状態をチェックするために、定期的に健康診断や人間ドッグを受けましょう。

そもそもどこで健康診断を受ければいいのか?
健康診断にかかった費用は経費になるのか?
どのくらい費用がかかるのか?

フリーランスの健康診断についてのさまざまな疑問について説明していきます。

目次

フリーランスの健康診断は重要!

フリーランスとして働いている方の中には、「もうしばらく健康診断なんて受けてない」という方もいるでしょう。仕事の合間に時間を作って健康診断を受けに行くのは大変ですよね。

雇用されているサラリーマンの場合、健康診断を年に一度受けられるように、会社が時間を作ってくれたり、制度を設けたりしてくれます。これは、労働安全衛生法という法律で定められている会社の義務です。

雇い主側が従業員に健康診断を受けさせることを怠った場合、罰金などが科されます。サラリーマンではなく、アルバイトやパートだったとしても、雇用されている従業員全員に健康診断を受けさせることが会社の義務なのです。

しかし、フリーランスや個人事業主の場合、健康診断が義務付けられていません。そのため、健康に関して高い意識を持っている人は自主的に健康診断を受診しますが、ついつい健康に関して後回しな考えを持っている人は、健康診断を怠ってしまいがちです。耳が痛い!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

健康管理を怠ると働けなくなることも

会社に雇われているサラリーマンの場合、従業員が健康診断を受けるように制度が整えられていますが、フリーランスや個人事業主の場合は、給付制度などを受けることはできません。

フリーランスが健康管理を怠った結果、実際に起った具体例をご紹介します。

サラリーマンを辞め、徐々にフリーランスとして軌道に乗ってきたAさん。
健康診断に時間を割くのはもったいないと考え、何年も自分の健康状態を気にかけていませんでした。

しかし、ある日体調が優れず病院に行くと、入院が必要な状態であることが発覚しました。
入院している間はもちろん働くことはできません。

このような事態になってしまうと、日頃スケジュール管理をしっかりしていたとしても、仕事を納期に間に合わせることが困難になってしまいます。

サラリーマンの場合は、自分が働けなくなった時に他の社員がカバーをしてくれますが、フリーランスや個人事業主の場合は誰も助けてくれません。自分を守ってくれる制度もありません。すべてが自己責任になります。「健康診断を受けないと、後々すごく困ったことになるかもしれない…」という心配はしておいたほうが却って得です。

そして、フリーランスだからこそ、自分の健康状態を知っておくメリットがあります。自分の時間を自由に使って働くことのできるフリーランスは、自分のコンディションを知っておくことで仕事の効率を上げやすいからです。

定期的に健康診断を受けて自分の身体の状態に意識を向けることは、仕事への取り組み方を改めて考えるきっかけにもなることでしょう。

現在、フリーランスとして働いている方や、これからフリーランスとして働こうとしている方は、このことをしっかり念頭に置かなければいけませんね。

健康診断はどこで受けられる?

フリーランスが健康診断を受ける重要性を確認したところで、フリーランスがお得に受けられる健康診断についてご紹介します。

自治体(市町村)による健康診断

意外と知られていないのですが、自治体で行っている健康診断があります。健康増進法によって定められているので、どこの市町村でも健康診断を受けることができます。

フリーランスでも、補助を受けながら健康診断ができるので、住民票のある自治体のホームページ等で情報を確認しましょう。補助金を活用すれば、低価格あるいは無料で受診できる場合もあります。

しかし、自治体によっては検査できる項目が少なめになってしまう場合があるので、他の団体が実施する健康診断とうまく併用するのがおすすめです。検査項目を自由に追加することもできますが、その分に料金はもちろん自己負担になってしまうので注意が必要です。

病院やクリニックによる健康診断

自分で受診したい病院やクリニックを選び、申し込みをして健康診断をうけることができます。

自治体が実施する健康診断よりも検査項目が多く、サラリーマンが受けるものと変わらない検査を受けることができるため、おすすめです。こちらの健康診断も、自由にオプションを追加することができるので、気になる項目を見つけた場合は自由に追加することができます。

ただ、病院やクリニックで受ける健康診断は保険適用外になってしまい、すべて実費で支払いをしなければいけないので注意が必要です。

保険組合による健康診断

フリーランス向けの健康保険に加入している場合は、その保険組合が実施する健康診断を受けることができます。

フリーランスや個人事業主、パラレルワーカーを対象とした保険組合「フリーランス協会」に加入すると、健康診断や人間ドックを割引料金で受診できます。直接病院に申し込んだ場合よりも安く健康診断を受けることができますし、なによりこのような保険に加入することで精神的な安定を得ることができます。

フリーランスで働く方は、フリーランス向けの保険に加入することも検討しましょう。

フリーランスが健康診断を受ける時の諸注意

フリーランスが健康診断を受ける時、どこに行けば受診できるのかを解説してきました。

次に、実際に健康診断を受診する時に気をつけなければいけないことをお伝えします。

健康診断の費用は経費計上できない

 健康診断等の費用は、疾病の治療を行うものではないので、原則として医療費控除の対象とはなりません。

 しかし、健康診断等の結果、重大な疾病が発見され、かつ、その診断等に引き続きその疾病の治療を行った場合には、その健康診断等は治療に先立って行われる診察と同様に考えることができますので、その健康診断等のための費用も医療費控除の対象になります。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1122_qa.htm

国税庁のホームページには、健康診断は病気の治療ではなく、事前に受けておくものであり、仕事を続ける上で必ずしも必要なものとは認められていないため、経費として費用を計上することができないと記載されています。

ただし、その健康診断で重大な病気が見つかった時のみ、診察と同じ様に考えることができるため、経費計上ができることになっています。

普段の健康診断は経費として計上できないので注意しましょう。

しかし、フリーランスにとって日頃から健康診断に気を使うことは大切です。経費として計上できなくても、定期的に健康診断を受診しましょう。

セルフメディケーション税制を活用する

フリーランスの健康診断費用は経費計上できませんが、「セルフメディケーション税制」を利用することができます。

「セルフメディケーション税制」とは、医療費控除の特例のことです。日頃から所定の健康診断を受け、健康に気をつけている人のみ、一部の市販薬を年間12,000円以上購入した際に、所得控除を受けられるようにした制度のことです。

もし日頃から市販薬を頻繁に使用する方は、健康診断を定期的に受信することでお得になるかもしれません。

必要な検査項目が揃っているかを確認する

フリーランスがお得に健康診断を受ける際、場合によっては検査項目が足りない場合があります。

どのような検査項目があるのか、また、自分に必要な検査項目は何かを検討した上で、健康診断を受診しましょう。

万が一、項目に不足を感じたときは、オプションを追加することで補うことができるケースがありますので、どのようなオプションがあるのかも含めて検査項目をチェックすることが大切です。

また、気になる検査項目だけを選択することができる「アラカルトドック」もありますので、受信する際に自分に合った検診を選びましょう。

健康診断を受ける習慣をつけよう

とにかく自己管理が求められるフリーランスという働き方では、時間管理と同様に健康管理も大切です。

自由な働き方だからこそ、責任が伴うので、日頃から意識して健康診断を受ける習慣をつけましょう。

スケジュールを自分で調整するなど、仕事をする上で負担になってしまう健康診断ですが、長期的に見れば働く自分を助けることに繋がります。

自分の身体を大切にしながら働きましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる