フリーランスは雇用保険に入れる?退職後の失業保険の受給可否や再就職手当について解説

会社員を退職したときのように、もしフリーランスを辞めたときに失業保険をもらえたら嬉しいですよね。そもそもフリーランスは雇用保険に入れるのでしょうか。そしてフリーランスを辞めたときに失業保険は受け取れるのでしょうか。また、失業保険を受け取る場合のリスク、再就職手当、フリーランスが入っておくと役立つ補填サービスや保険についても紹介します。

この記事を読むと、フリーランスのあなたが雇用保険や将来のためにどのような対策を講じればよいかがはっきりするので、すぐに行動にうつることができるでしょう。

目次

雇用保険について

出典:オーダン

雇用保険とは労働者の生活や雇用の安定、再就職のための援助を行うことを目的として国が定めた労働保険です。この雇用保険に入っていると、失業しても最低限の生活ができるように「失業給付」をもらえ、次の職に必要なスキルを磨くために職業訓練を受ける人に対しても「教育訓練給付金」などが援助してもらえるのです。

フリーランスは雇用保険には入れない

雇用保険に入れるのは雇用した従業員です。雇う側は雇用保険には入れません。フリーランスであるあなたは誰かに雇用されているわけではありませんよね。ゆえに雇用保険には入れないのです。

では会社を辞めてフリーランスとなった場合に失業給付がもらえるのかについてですが。フリーランスとして働いているのですからすでに職についているので、もらえません。この点については、失業給付を受け取ってしまうと不正受給となり、厳しい罰則が用意されているので、詳細を後に解説します。

雇用保険に加入する必要があるのはこんなとき!

では、雇用保険に加入する必要があるのはどんなときなのでしょうか。

あなたが営む事業が軌道に乗って拡大したい、忙しすぎて手が足りないなどの理由で従業員の雇用を考える時がくるかもしれません。そんなときのために頭に入れておいてくださいね。

雇用保険の適用基準は、

・労働者を1人でも雇うなら雇用保険に加入しなければならない

・週の所定労働時間が20時間以上

・雇用期間が31日以上など

厚生労働省で条件が詳細に決められています。

参照:厚生労働省

失業保険について

出典:オーダン

あなたの周りの人たちは「会社を退職したら失業保険がもらえる」という言い方をしませんか?筆者も同様の言い方をしていたので、雇用保険と失業保険は別物だと思っていましたが、同じことを指します。そして正しいのは「雇用保険」なのだそうですよ。昭和22年に失業保険法が施工され、昭和50年に「雇用保険法」と法律名が変わったので世間が混乱しているのかもしれません。つまり失業保険とは雇用保険のことなので、再就職のために求職活動をしているがなかなか決まらない人に対して支給されるものです。

フリーランスは失業保険をもらえる!ただし条件あり

出典:オーダン

雇用保険のところでもお伝えしましたが、フリーランスとして働いているあなたが、フリーランスを辞めて失業保険をもらえるかというと、そもそも雇用保険には入れないのでもらえません。ですが、あなたが会社員を退職し、のちにフリーランスとして活動する場合、限られた狭い条件の中で失業保険をもらえる可能性があります。詳しく見ていきましょう。

フリーランスとして他社と契約関係にあったら受給できない

すでに開業届けを出していたり、他社と契約関係にある場合は仕事をしているとみなされます。なので失業保険の受給はできません。あなたが独立すると決めた時にも失業保険の受給は出来ないと言われていますが、これはあなたの心の中だけのことですよね。他言しなければ大丈夫ですし、ハローワークもそこまで厳密には問わないでしょう。

求職活動中ならもらえる

働く意思があってどんな仕事に就こうかといろんな業種の仕事を検索して検討。そしてきちんと決められた回数、職探しをして認定されれば失業給付をもらえます。いろいろ検討した結果、最終的にフリーランスとして働くと決めた場合であってももらえますよ。

副業でフリーランスをしているなら、退職と同時にやめること

会社勤めをしていて、副業でフリーランスをしていることもあることでしょう。その場合は会社を退職と同時にフリーランスも辞める必要があります。開業届けを出しているのであれば、廃業届を出さなければ労働しているとみなされます。

失業保険の不正受給は厳しい罰則が・・・

出典:オーダン

失業保険の不正受給をしてもバレなきゃいいと安易に考えるのは危険。なぜなら失業保険の不正受給には厳しい罰則が用意されているのです。クライアントが確定申告時にあなたに支払った報酬を経費として計上します。それがもとで不正受給がバレるケースが多いです。

具体的な罰則についてですが、

・不正受給がバレると、受け取った額の約3倍を支払わなければならない

他にも、

・不正行為があった日以降全ての給付が停止(支給停止)

・不正受給した金額を全額すぐに返還するよう命じられる(返還命令)

・不正行為で受け取った分の2倍の額を納付(納付命令)

・返還や納付をしなければ、財産差し押さえなど強制処分

かなり悪質であれば、詐欺罪で処罰されることもあるので、不正受給にならないよう気をつけましょう。

どういった申告が不正受給になるかについては大阪労働局「不正受給について」が参考になります。

参照:大阪労働局「不正受給について」

フリーランスは失業保険より再就職手当のほうがもらいやすい!

出典:オーダン

ここまで失業給付をもらうために、かなり狭い条件をみてきました。中には、給付をもらうためにわざわざ廃業届を出さないといけないなんてものもありました。あとでも紹介しますが、面倒なうえに場合によっては不正受給をしてしまいかねないので失業保険は諦めたほうがあなたのためです。

その代わりに再就職手当というものを受給しましょう。再就職手当は再就職のお祝い金です。フリーランスのあなたも、条件さえ満たしていれば支給を受けられますよ。

参照:厚生労働省「再就職手当のご案内」

雇用保険の代わりに補填サービスや保険を検討しよう!

出典:オーダン

フリーランスとしてすでに働いているあなたは、雇用保険に入ることができないとお伝えしました。なのでいずれフリーランスを辞めて別の仕事に就こうにも、失業給付がありません。会社員だったらもらえるはずの退職金もありません。そんなあなたの救世主となってくれる3つの補填サービスと保険を紹介しますので、この機会に検討してみてください。

小規模企業共済

廃業や退職するまでに積み立てたお金に応じて給付金を受け取ることができます。本来、個人事業主やフリーランスに退職金はありませんが、積み立てることで受け取れる退職金といった制度。資金繰りもできて節税にもなるのです。

加入条件:フリーランス・個人事業主として開業届けを出していること

参照:小規模企業共済

賠償責任保険

フリーランス協会の「賠償責任保険」です。

フリーランスとして個人で仕事をしていると情報漏洩や著作権侵害などのリスクがついてまわりますよね。そんなフリーランスのさまざまなリスクを広範囲でカバーしてくれる賠償責任保険なのです。仕事をしていたら何が起こるか分からない。パソコンがウィルス感染して情報が洩れてクライアントに迷惑をかけてしまうこともないとは言い切れません。加入することで心の安心を得ることができ、業務の遂行に集中できそうです。

参照:フリーランス協会

所得補償制度

フリーランス協会から出ている保険「所得補償制度」。

「所得補償制度」は、「所得補償プラン」と「傷害補償プラン」と「親孝行サポートプラン・介護サポートプラン」の3つの保険が1つになっています。

参照:フリーランス協会

フリーランスは雇用保険に加入できない!だから補填サービスや保険で未来に安心を

出典:オーダン

フリーランスは雇用保険には加入できないので、仕事を辞めても失業保険をもらえません。なので「再就職手当」など受け取れるものがあることを覚えておいてください。会社員であれば会社を退職するさいには退職金が出ますが、フリーランスは退職金も出ないですよね。金銭面にとどまらずフリーランスならではの悩みは尽きません。あなたの日常と未来の安心のために、補填サービスを利用したり保険に入ることを検討してみませんか?きっといざというときに、ピンチから救ってくれることでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる